世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

ニュース

天野之弥の死因と病名は何?いつから何の病気だった?お通夜や告別式の日程も

投稿日:

 

今回は、「天野之弥の死因と病名は何?いつから何の病気だった?お通夜や告別式の日程も」という事で書いていきたいと思います。

 

国際原子力機関(IAEA)の事務局長であられた天野之弥がお亡くなりになられました。死因や病名に迫ってまいりたいと思います。

 

いつから何の病気だったか?や、お通夜や告別式の日程に関しましても現在分かっている情報をまとめていきたいと思います。

 

 

天野之弥さん死去のニュース

 

7月22日、天野之弥さんの訃報のニュースが流れました。報道内容の詳細はこちら。

 

IAEA(国際原子力機関)は7月22日、天野之弥(ゆきや)事務局長が死去したと発表した。72歳だった。

天野氏は、2009年12月に事務局長に就任。

事務局長選では一度落選していたが、唯一の被爆国であり「核兵器の拡散に断固立ち向かう」という訴えを続け、2度目の事務局長選で主に欧米諸国の支持を得て当選。亡くなるまで約10年間務めた。

「核の番人」と呼ばれるIAEA事務局長に日本人が就任したのは初めてだった。

IAEAは、「天野之弥事務局長の逝去を、深い悲しみと共にお知らせいたします」と説明し、体調の問題から事務局長の辞任意向を天野氏が伝えた際のメッセージを発表。

天野氏は「過去10年間で、IAEAは加盟国の支援と職員の献身のおかげで、『平和と発展のための核』という目的を達成するための具体的な成果をもたらしました。私は、私たちの功績を非常に誇りに思い、そして加盟国と機関のスタッフに感謝します」とつづっていたという。

引用

 

天野之弥さんは、以前から健康不安の訴えがありました。その為、来年3月までに任期途中での辞任を検討しているとも伝えられていました。

 

天野之弥さんの死因や病名は?いつから何の病気だだった?

 

では、天野之弥さんの死因と病名は何だったのでしょうか?

 

調査してみましたが、天野之弥さんの死因と病名は現段階では発表されていません。引き続き調査を進め、判明しましたら追記してまいりたいと思います。

 

なお、以前より健康問題がったとの事なので、以前より何らかの病気を抱えていた可能性もありますね。その辺もいつから何の病気だったかと言った事に関しましても引き続き調査してまいります。

 

天野之弥さんのお通夜や告別式の日程は?

 

天野之弥さんのお通夜や告別式の日程は判明しているのでしょうか?

 

天野之弥さんのお通夜や告別式の日程に関しましても、現段階では発表されておりません。引き続き調査を進め、判明し次第、追記してまいりたいと思います。

 

天野之弥さんの経歴

 

 

天野之弥さんの経歴についてお伝えしてまいりたいと思います。

 

天野之弥さんは日本人で初めての国際原子力機関(IAEA)の事務局長に就任されていました。

 

国際原子力機関(こくさいげんしりょくきかん: International Atomic Energy Agency、略称:IAEA)は、国連の保護下にある自治機関である。(国際連合の専門機関ではない)。本部はオーストリアのウィーンにあり、トロントと東京の2ヶ所に地域事務所、ニューヨークとジュネーヴに連絡室がある。

原子力の平和的利用の促進。原子力の軍事利用(核兵器開発など)の防止を目的としている。

WIKI

 

天野之弥さんは1947年5月9日に神奈川県湯河原町でお生まれになれています。出身校は、私立栄光学園高等学校を卒業されたのち、東京大学法学部に進学され卒業。

 

1972年に外務省入省されました。その後、ベルギー大使館や在米国大使館や、国際連合局科学課長、マルセイユ総領事を務められます。

 

その後は、総合外交政策局軍縮不拡散科学部長などを経て、2005年から在ウィーン国際機関日本政府代表部大使を務められました。

 

IAEA事務局長に選任されたのは、2009年12月からでした。唯一の被爆国である日本からの事務局長選任との事で大いに注目を集め、自身も献身されていました。

 

天野之弥さん訃報を受けてのネットの声

 

 

まとめ

 

今回は、「天野之弥の死因と病名は何?いつから何の病気だった?お通夜や告別式の日程も」という事で書いていきました。

 

現在収集中の情報に関しましては、判明し次第追記してまいりたいと思います。天野之弥さんのご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

 

-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.