世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

事件

青葉真司は思考奪取が犯行の理由と動機?思考奪取とは何?わかりやすく簡単に説明

投稿日:

 

今回は、「青葉真司は思考奪取が犯行の理由と動機?思考奪取とは何?わかりやすく簡単に説明」という事で、青葉真司の犯行動機と理由について追及していきたいと思います。

 

専門家の精神科の見立てですと、青葉真司が犯行に及んだ動機と理由は思考奪取の可能性があるとの事です。

 

思考奪取とは何なのでしょうか?わかりやすく簡単に説明したいと思います。

 

 

青葉真司の京アニ放火事件

 

もうい一度事件の全貌をひも解くと、18日午前10時半京都アニメーション第一工場で火災が発生。消防車30台以上が出動する大火災だった。

 

火災の原因は、犯人である青葉真司がガソリンを撒いて火を放ったためだった。青葉真司は京都アニメーション第一工場の入り口からガソリンを散布。

 

量は数十リットルとみられています。その後、青葉真司は「死ね」と口にするとチャッカマンでガソリンに火を放ち、大爆発に近い火災が発生。

 

ガソリンは撒きやすいようにバケツに移していた、また、現場からは刃物も見つかっている事から並々ならぬ殺意があったとみられている。

 

青葉真司は自身も相当に火傷を負い、逃げてきたところを住民に被害者と勘違いされ、水をかけるなどの救助を行われましたが、

 

やがて警察が取り囲み、「なぜやった」などと追及すると、「パクりやがって」と口にしていたそうです。

 

また、「小説をパクられた」とも口にしていたとの事。犯行動機や犯行理由につきましては、青葉真司本人が重体で入院していて、とても話を聞ける状態ではない為、逮捕もまだ。

 

青葉真司の容態の詳細におきましてはこちらの記事で随時更新していきます。ご参考下さい→

 

>>青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明の重体?蘇生の可能性はある?犯行動機や理由についても。

 

青葉真司の回復を待って逮捕し、犯行理由や動機の追及をするとの事です。しかし、気になるのがあれだけの災害を引き起こせる強い殺意でしょう。

 

一体あれだけの災害を引き起こした青葉真司の犯行の動機と理由は何なのでしょうか?思考奪取と精神科医の専門家はみているのです。

 

その思考奪取とは何なのでしょうか?わかりやすく簡単に解説していきたいと思います。

 

青葉真司の犯行動機と理由は思考奪取?思考奪取とは何?わかりやすく簡単に説明

 

 

…なお,思考障害の特別なものとして,思考への影響性といって,主として精神分裂病者の訴える,自分の考えが他人によって操作されるという体験(させられ体験,作為体験の一種で〈させられ思考〉という)がある。この際には他人によって自分の考えが奪われたり(思考奪取Gedankenentzug),他人から考えを入れられる(思考吹入Gedankeneingebung)という体験として訴えられる。【保崎 秀夫】

引用

 

つまり、思考奪取とは何かというと、「自分の思考が奪い取られる」という病的体験の事です。この思考奪取は統合失調症に見られる症状です。

 

もしも青葉真司の犯行動機や犯行理由が思考奪取によるものであったとすると、青葉真司は統合失調症だったという事になります。

 

青葉真司の統合失調症、精神疾患の可能性につきましてはこちらの記事を参照ください→

 

>>青葉真司は統合失調症で精神疾患?刑罰や死刑はどうなる?極刑の可能性あり?

 

この思考奪取という体験は通常の人間にはあり得ない体験であるため、言葉での説明は困難を極めるでしょう。

 

しかし、思考奪取が青葉真司の犯行動機であるならば、「パクりやがって」「小説をパクられた」の辻褄も会います。

 

また、青葉真司は近所の住人とトラブルになる事が多々あり、近所の住民の話だと大音量でゲームやテレビの音が流れてくることもあったそうです。

 

また、近所の方がドアノブを激しくガチャガチャ回されたり、壁を激しくどんどんと叩く音などがすることもあったと言います。

 

また、青葉真司の部屋の中は壁やノートパソコンがぐちゃぐちゃに壊されていたらしく、これらを踏まえると統合失調症であった可能性も考えられるでしょう。

 

もともと正常ではなかった青葉真司が京アニの作品を見ていて、思考奪取の状態に置かれてしまった可能性を専門家は言及しているのです。

 

簡単に流れを予想すると、

 

京アニの優れた作品を見ていた

→作品に強く感情移入

→この作品のアイディアは自分の思考から来たものと錯覚

→京アニに奪われたと思考奪取の状態に陥る

→京アニを自分のアイディアをパクったと錯覚し逆恨み

→今回の事件に繋がる

 

この様な流れだったのではないでしょうか。

 

 

青葉真司は事件前からもともと正常とは思えない行動をとっていましたので、統合失調症で幻覚症状や被害妄想があった可能性は十分に考えられますね。

 

となってくると、青葉真司は2012年コンビニ強盗で逮捕されている訳ですから、その際の警察の調べで精神疾患が判明しなかったんでしょうか?

 

また、青葉真司は出所後更生施設に入っていたので、その厚生施設は青葉真司を野放しにしてこの様な事件に発展する可能性は考えなかったのでしょうか?

 

青葉真司に深く関係していながらも、この様な大災害を引き起こす危険性のあった青葉真司を野放しにした監督責任が関係施設に言及されれる可能性についても考えていきたいと思います。

 

 

青葉真司の思考奪取のみんなの意見

 

 

まとめ

 

今回は、「青葉真司は思考奪取が犯行の理由と動機?思考奪取とは何?わかりやすく簡単に説明」という事で、青葉真司の犯行動機と理由について追及していきました。

 

専門家の見立てでは、青葉真司の犯行動機と理由は思考奪取である可能性があるとの事で、思考奪取とは何かについて説明してきました。

 

ありがとうございました。

 

-事件

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.