世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

事件

京アニ放火男の名前は青葉真司=バリサク君はデマ?茨木コンビニ強盗の時系列と「パクりやがって」発言から推理

投稿日:

 

今回は、「京アニ放火男名前は青葉真司=バリサク君はデマ?茨木コンビニ強盗の時系列と「パクりやがって」発言から推理

 

という事で書いていきたいと思います。ネット上では、京アニ放火男は青葉真司でバリサク君なんじゃないかと憶測されています。

 

その真意を検証していきたいと思います。

 

 

京アニ放火男=青葉真司?

 

京アニ放火男の名前はまだ報道されていませんが、京アニ放火男は青葉真司なのではないか?とネット上では騒がれています。

 

京アニ放火男は、2012年に茨木で包丁を持ってコンビニ強盗に入り逮捕されている事が報道から明らかになっています。

 

犯人とみられる男は12年に茨城県内でコンビニに包丁を持って強盗に入り、その後、逮捕されている。

http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/nikkansports/nation/f-so-tp0-190718-201907180000956

 

出所後は、前科者などがまともな社会生活を送れるようになるための厚生施設に半年ほどいたことが明らかになっています。

 

出所後はアパートで独り暮らしをしていた様ですが、体からは異臭を放ち、ご近所とのトラブルになる事もあったようです。

 

放火した男の自宅とみられるさいたま市内のアパートには18日夜、多くの報道陣が集まった。隣の部屋に住む男性は、14日に男とトラブルになり、胸ぐらをつかまれて「殺すぞ。こっちは余裕がないんだ」とすごまれたと明かした。

男性によると、14日昼ごろ、上の階からの音を男性の部屋からと勘違いしたのか、男が壁をドンドンたたき、怒鳴ってきた。

説明しようと男の部屋の呼び鈴を押すと、玄関から出てきた男がいきなり男性の胸ぐらと髪をつかみ、10分ほど暴言をはかれた。以前には、男の部屋から壁が響くほどの大音量で音楽が流れ、近隣の通報で警察が駆け付けることがあったという。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201907180001357.html

 

これらの事から、京アニ放火男はもともとまっとうな社会人とは到底言えず、この様な重大犯罪を引き起こす可能性は十分に備えていたと言えるでしょう。

 

そして、茨木でのコンビニ強盗事件の時系列から浮上した人物が、青葉真司なる人物なのです。青葉真司の名前は、読売新聞の記事から判明しました。

 

読売新聞 2012.06.21 強盗容疑で34歳逮捕=茨城

境署は20日、常総市鴻野山、無職青葉真司容疑者(34)を強盗と銃刀法違反の疑いで逮捕した。
発表によると、青葉容疑者は同日午前0時20分頃、坂東市弓田の「ココストア岩井弓田店」で、
カウンターにいた男性店員(50)に包丁を突きつけて脅し、レジから現金2万1000円を奪った疑い。
青葉容疑者は同日午前11時頃、同署に出頭したという。「遊ぶ金が欲しかった。オウムも次々捕まっており、逃げ切れないと思った」などと話しているという。

 

これは茨木県という犯行場所、そして年齢からドンピシャですよね。あくまでこれはネットの憶測なので確証はありません。

 

青葉真司の写真と京アニ放火男の写真を見比べてみると非常に似ている事からも、2人は同一人物である可能性が高いと思われます。

 

 

また、いまだに京アニ放火男の名前の報道はされていませんが、歴史に残る様な大犯罪なので名前が報道されないはずはありません。

 

京アニ放火男=バリサク?

 

一方、京アニ放火男の名前はバリサク君なのではないか?と言った憶測もネット上では飛び交っていました。

 

バリサクとはもちろん本名ではありません。インターネット上のペンネームです。バリサクは鉄道オタクの撮り鉄だった様です。

 

バリバリ観光してサクッと撮るから「バリサク」と自身で名づけ、この名前を気に入って使っていた様です。

 

このバリサク君が京アニ放火男の犯人候補として浮上した理由は「パクりやがって」という発言からです。

 

京アニ放火男は逮捕されるさい、「パクりやがって」と叫んでいた事は報道により明らかになっていますが、その意味は分かっていません。

 

しかし、バリサクという名前と「パクりやがって」発言から、「響け!ユーフォニアム」の作品でキャラクターがバリサクソロ(バリトンとサックスのソロ)を演奏することに結びつけた方がいました。

 

そのネット上の憶測がこちら

 

 

要約すると、バリサク君はバリサクという言葉を気に入り、はやらせようとしていた。しかし、バリサクという言葉が全く別の意味で有名になる。

 

「響け!ユーフォニアム」の作品でキャラクターがバリサクソロ(バリトンとサックスのソロ)を演奏する事からバリサクが有名になったのでした。

 

その事から、バリサク君はバリサクという名前を京アニが自分からパクったと逆恨み。怒り狂ったバリサク君は掲示板を荒らしまくってたとの事です。

 

そして、掲示板荒らしが急に途絶えると今回の事件が発覚したので、バリサク君イコール京アニ放火男説が浮上したのでした。

 

しかし、この説は間違えである可能性が非常に高いです。

 

 

また、京アニ放火男は後の報道で「小説をパクりやがって」と発言している事から、つじつまが合わなくなります。

 

なので、京アニ放火男の正体は青葉真司である可能性は極めて高いと思われますが、青葉真司はバリサク君ではないという事です。

 

 

青葉真司の犯行動機は何?

 

今回の事件の凶悪性から、京アニ放火男は京アニに強い恨みを持っていた事が伺えます。もしも京アニ放火男が青葉真司だったとして、犯行動機は何なのでしょうか?

 

これもネット上の憶測ですが、青葉真司はライトノベル作家で、京アニ大賞に応募していたのではないか?との憶測が上がっています。

 

青葉真司は京アニ大賞に応募に応募したが不合格になってしまい、その後の京アニの作品に自分が応募したものと近い内容があり、パクられたと思い込み犯行に及んだ。

 

この説が今の段階では有力と思われます。詳しくはこちらの記事を参照ください→

 

>>京アニ火災!放火犯人はライトノベル作家?京アニ大賞応募者?犯行動機に小説パクられたから!

 

まとめ

 

今回は、今回は、「京アニ放火男の名前は青葉真司=バリサク君はデマ?茨木コンビニ強盗の時系列と「パクりやがって」発言から推理」という事で書いてきました。

 

ネット上の京アニ放火男の正体の憶測から上がっている二人の人物「青葉真司」「バリサク君」から、犯人の可能性を推察してみました。

 

結果は、京アニ放火男の名前は青葉真司の可能性が高いが、バリサク君ではなさそうという結論です。

 

報道で犯人の名前が出るのを待ちましょう。ありがとうございました。

 

-事件

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.