世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

未分類

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を捕まえたい!ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の捕獲、採取方法、見つけ方捕まえ方!

投稿日:

 

今回は、「ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を捕まえたい!ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の捕獲、採取方法、見つけ方捕まえ方!」と題しまして、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)について書いていきたいと思います。

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)が幻のポケモンのごとく騒がれています。となってくると、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を捕まえたい!捕獲、採取方法や捕まえ方や見つけ方は?

 

と気になるでしょう。なので、今回は、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の捕まえ方や見つけ方、採取、捕獲方法を思いつく限り書いていきたいと思います。

 

※あくまで捕まえ方を書きますが、もしもヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を見つけても、実際に捕まえるのは危険ですのでやめましょう!

 

もしもヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を見つけた場合は地元の地方自治体の出している指示に従うようにしましょう。

 

【関連記事】

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の目撃情報、採取情報(大阪、滋賀、京都、兵庫、広島etc)生息域拡大で危険性は?

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の毒と症状、対処法は?生息域拡大の理由と危険性は?

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の動画と写真画像。生息域拡大で危険性は?

 

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の見つけ方捕まえ方①ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の生息域は?

 

いくらヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を見つけたい、捕まえたいと思ったところで、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)が生息していなければ見つけることも捕まえる事も出来ません。

 

日本でいくら野生のクジャクを見つけて捕まえようとしても、日本では不可能です。動物園くらいにしかいませんから。

 

しかし、アフリカに行けば実際に野生のクジャクを見つけて捕まえることも可能でしょう。ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)にも同じことが言えます。

 

なので、まずはヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の生息地域外に住んでいる方は、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の生息地域に移動する必要があります。

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の生息地域は?

 

では、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の生息地域は一体どこなのでしょうか?

 

触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。

https://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20190711000027

 

この様に新聞が報じている事からも、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)はもともと京都や滋賀には生息していませんでした。

 

九州や四国など、暖かい地方にしか生息していませんでした。しかし、近年生息域が拡大し、関西県内にも姿を現す様になっています。

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の目撃情報に関しましては、こちらの記事を参照ください→

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の目撃情報、採取情報(大阪、滋賀、京都、兵庫、広島etc)生息域拡大で危険性は?

 

具体的には、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山などで目撃情報が多数入っています。なので、近畿地方よりも北にお住まいの方は、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を見つけて捕まえるには、近畿地方に移動する必要がります。

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)はクマ蜂の巣に寄生する?

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)はクマ蜂の巣に寄生して成長することが分かっています。

 

  • ヒラズゲンセイのオスはクマバチの巣の入口でメスを待ちかまえ、現れるとそこで交尾する。
  • 交尾を終えたメスはクマバチの巣に入って行き、そこで産卵。
  • 生まれたヒラズゲンセイの幼虫は、クマバチの体にしがみつき一旦巣から旅立つ。
  • どういう訳か再度クマバチの体にしがみつき、巣の中に戻ってくる。
  • 幼虫は花粉や蜜を食べ、クマバチの巣の中でさなぎ⇒成虫へと成長する。

引用

 

との事。

 

成虫は5月中旬から7月初旬にかけて、主に平野部のキムネクマバチの巣の周辺で見つかることが多い。クマバチの巣内でヒラズゲンセイの幼虫、擬蛹、蛹の各ステージが発見されることから、幼虫はクマバチ成虫が集めた花粉団子を食している労働寄生者であると思われる。クマバチの幼虫を食しているかどうかは未確認である。ヒラズゲンセイの卵は小型で多数の卵がクマバチの巣内に産み付けられる。孵化した幼虫はクマバチ成虫の体にとりついて、巣外に出ることも明らかになっているが、一度外に出たヒラズゲンセイの幼虫が再びどのようにして、クマバチの巣内に入るのかがまだ分かっていない。

http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~arakawar/gensei/

 

どうやらヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)は卵をクマ蜂の巣に産みつけ、成虫になるまでクマ蜂の巣の中で過ごすようですね。

 

また、「成虫は5月中旬から7月初旬にかけて」とありますので、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)は梅雨時のみに見つけることのできる昆虫の様です。

 

また、「主に平野部のキムネクマバチの巣の周辺で見つかることが多い」とありますので、伝説の昆虫であるヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を見つけるためには、キムネクマバチの巣を見つけるのが速いかもしれません。

 

捕まえる時は、素手でなく、網で捕まえるようにしましょう。そこまで危険な毒ではありませんが、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)は毒を持っていますから。

 

参照→ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の毒と症状、対処法は?生息域拡大の理由と危険性は?

 

 

しかし、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)は毒があるうえに蜂の巣の近くにいる事が多いとの事なので、ますます危険ですね。

 

いくらヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を見つけたい、捕まえたい、と思っても実際に捕まえるのはやめましょう。

 

絶滅危惧種に指定されている事から、最悪何らかの罰則を受ける可能性もあります。

 

まとめ

 

今回は、「ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を捕まえたい!ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の捕獲、採取方法、見つけ方捕まえ方!」

 

と題しまして、伝説の昆虫であるヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の見つけ方、捕まえ方、採取方法、捕獲方法について書いてきました。

 

繰り返しになりますが、実際にヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を見つけても捕まえるのはよしましょう。地元の地方時自体の指示に従ってください。

 

【関連記事】

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の目撃情報、採取情報(大阪、滋賀、京都、兵庫、広島etc)生息域拡大で危険性は?

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の毒と症状、対処法は?生息域拡大の理由と危険性は?

 

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の動画と写真画像。生息域拡大で危険性は?

 

 

-未分類

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.