世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

未分類

IUSの副作用やデメリットは?「痛い」「臭い」などの声も。

投稿日:

 

回は、「IUSの副作用やデメリットは?「痛い」「臭い」などの声も。」という事で、IUSについて書いていきたいと思います。

 

新しい避妊法として「IUS」が注目を集めています。一度装着したら数年は避妊効果が持続するとの事で、メリットも多いIUSですが、副作用やデメリットなどはあるのでしょうか?

 

 

IUSとは何か?

 

IUSは近年話題になってきた避妊法ですので、IUSを知らない方も沢山いるのではないかと思います。まず、IUSとは何なのか、少し説明していきたいと思います。

 

産婦人科領域においてIUS(英: Intrauterine system)とは、子宮内に留置して黄体ホルモンを長期間にわたって放出し続けるように設計された製剤である。日本では処方箋医薬品としての規制を受けており、日本では初めて「子宮内避妊システム」としてレボノルゲストレルを主薬とする「ミレーナ」が製造承認を取得し、2007年より自由診療で用いられていた。同薬は2014年に過多月経および月経困難症の適応が追加され、避妊以外の適応には保険診療が適用されている。

 

引用:WIKI

 

つまり、IUSとは子宮内に器具を入れる事により、避妊する避妊方法の事です。これにより、黄体ホルモンを放出し続ける事が出来る事から、長期に渡って避妊し続ける事が出来る訳です。

 

IUSのデメリットは?

 

一度器具を入れてしまえば長期間にわたって避妊し続けることが出来るので、一見メリットが高い様に見えますが、IUSにデメリットはあるのでしょうか?まとめていきたいと思います。

 

①医師による装着が必要

 

一つ目のIUSのデメリットは、医師による装着が必要という点でしょう。IUSは子宮に装着することから、当然自分では行えません。

 

一度装着してしまえば後は楽なのですが、最初に手間がかかるというのがデメリットです。医者に足を運んだからと言って、その日のうちにすぐに装着できるものではありません。

 

挿入の前に子宮の位置やサイズを測ったり、様々な検査を行い、問題ない事を確認した上での挿入となります。

 

また、IUSの挿入は生理開始後7日以内に行わなければならない為、それに合わせて医者に足を運ばなければなりません。

 

風邪にかかって病院に行く位の手間では当然済まないという事ですね。

 

②器具を入れ続けていなければならない

 

IUSのデメリットの2つ目は、器具を入れ続けていなければならないという点でしょう。IUSとは、器具を子宮内に入れる事で長期の避妊を行う方法なので、当然ながら器具が子宮内に入りっぱなしという事になります。

 

この辺は人によるかもしれませんが、不純物が体のかなのそれも子宮に入りっぱなしになるのは生理的に耐えられないという方も当然いるでしょう。

 

いくらIUSが安全や効果の高さを謳っているとはいえ、この辺は安全性や効果の高さ云々以前に、生理的な問題です。

 

しかしながら、この辺は個々の性格によるでしょうから、全く気にならないという方もいるでしょう。このデメリットは人によりけりでとらえ方が変わってくるかもしれません。

 

 

IUSの副作用は?

 

では次にIUSを入れる事で何らかの副作用はあるのでしょうか?IUSの副作用をまとめていきたいと思います。

 

どうやら分かっている限り、IUSによりかなり多くの副作用が発生する事があるたしいです。箇条書きにしてまとめていきたいと思います。

 

 月経出血日数の延長

 月経周期の変化

 卵巣のう胞(通常はホルモン変化に伴う一時的なもの)

 IUS除去後の出血

 月経時期以外の出血

 腹痛 など

●骨盤内炎症性疾患

●子宮外妊娠

●IUSの脱出・穿孔

●発熱

●下腹部痛

●おりものの異常

●急な出血

●疼痛

●性交痛

●急な腹部膨満感

●下腹部痛(圧痛)

参考:https://hininno-susume.jp/ja/home/contraception/ius/advantages/

 

これを見ると、「え?こんなに副作用があるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、当然IUSこれらの全ての副作用が出る訳ではありません。

 

IUSでこれらの副作用が出た事例がある、あるいは副作用がでる可能性があるという事です。もちろん、この辺は人によりけりでしょう。

 

人によって体質などはまるで違いますから、副作用が出る人もいれば出ない人もいたり、あるいは人によって全く別の副作用が出る事もあります。

 

この辺の副作用のあるなしも含めて事前に入念に検査を行うんでしょうね。

 

 

IUSは「痛い?」「臭い?」

 

IUSは入れる時痛いんじゃないかと心配される方もいるのではないでしょうか?器具を子宮に入れる訳ですかが、それはそうでしょう。

 

どうやら医師によると、案の定IUSを入れる際痛みを訴える方がいるのだとか。また、IUSで「臭い」という声もあるようです。この辺はネットの声をまとめさせて頂こうと思います。

 

IUS「痛い」に関するネットの声

 

 

痛いという方もいれば痛くなかったという方もいますので、この辺はやはり人それぞれなのでしょう。

 

IUS「臭い」に関するネットの声

 

 

IUSが適している方適していない方

 

IUSには適している方といない方がいる様です。IUSを検討されている方は、果たして自分はIUSに適しているのかいないのか、事前にチェックしておくといいでしょう。

 

IUSに適している方

 

 これ以上妊娠を希望しない女性

 次の出産まで期間をあけたい女性

 長期にわたり避妊を望む女性

参考:https://hininno-susume.jp/ja/home/contraception/ius/advantages/

 

IUSが適していない方

 

 IUSの成分に対して過敏症がある

 性器癌、黄体ホルモン依存性腫瘍にかかっている、またはその疑いがあるといわれたことがある

 生理以外の異常な性器出血がある

 医師に子宮の形や位置に異常があるといわれたことがある(子宮腔の変形があるような子宮筋腫を含む)

 性器感染症(子宮内膜炎、卵管炎など)がある

 過去3ヶ月以内に性感染症にかかったことがある

 子宮頸管炎または腟炎にかかっている

 現在、骨盤内炎症疾患(PID)にかかっている、または何回もPIDを繰り返している

 過去3ヵ月に分娩後子宮内膜炎または感染性流産を経験したことがある

 子宮外妊娠を経験したことがある

 IUS、IUD(子宮内避妊用具)挿入時や子宮の出口(頸管)を拡張する時に強い痛みがあったり、脈が遅くなったことがある

 重い肝障害または肝腫瘍がある

 現在妊娠している、または妊娠している可能性がある

参考:https://hininno-susume.jp/ja/home/contraception/ius/advantages/

 

また、IUS注意が必要な方もいる様です。

 

IUSに注意が必要な方

 

 先天性の心疾患または心臓弁膜症がある

 糖尿病である

 肝障害がある

 出産経験がない

 てんかんがある

 副腎皮膚ホルモンの長期投与療法を受けている

 授乳中である

参考:https://hininno-susume.jp/ja/home/contraception/ius/advantages/

 

まとめ

 

今回は、「IUSの副作用やデメリットは?「痛い」「臭い」などの声も。」と題しまして、IUSについて書いてきました。

 

IUSは新しい避妊法として脚光を浴びる反面、子宮に器具を入れ続けなければならないので、どうしても抵抗感や副作用が発生する可能性が高いようです。

 

筆者は男性ですが、個人的な感想になってしまいますが、自分の嫁や彼女にはこういうものは入れてほしくないですね。

 

何より、いくら安全を謳っていても体が心配ですし、自分の嫁や彼女のお腹の中にこういうものが入っているというのはどうもいい気がしないですからね。

 

 

-未分類

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.