世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

ニュース 事件

お悔やみ詐欺とは何か解説!お悔やみ詐欺の意味とは?犯人はマツオクニハル?

投稿日:

 

回は、「お悔やみ詐欺とは何か解説!お悔やみ詐欺の意味とは?犯人はマツオクニハル?」と題しまして、お悔やみ詐欺とは何か、その意味を解説していきたいと思います。

 

ツイッターで新聞のお悔やみ欄を見て出したという詐欺手紙が話題になっていますが、その悪質な手口とはいかなるものだったんでしょうか?

 

 

お悔やみ詐欺とは何か?その意味とは?

 

まず、お悔やみ詐欺とは何か?その意味を解説していきたいと思います。お悔やみ詐欺とは、新聞のお悔やみ欄から夫を亡くした未亡人に嘘の手紙を書き、お金をだまし取ろうとする詐欺手口の事です。

 

どの様な手紙を出すかというと、「故人から違法な荷物を預かっていて、処分するには保管料がかかる、拒否すれば通報する」というもの。まさにお悔やみ詐欺ですね。

 

実際の手紙の内容がこちら。

 

「お悔やみ欄を見て連絡しました。荷物を預かる貸しスペースの仕事をしていますが、亡きご主人から預かった荷物があります。中身を確認したら、児童ポルノのDVDでした」

「当方で処分し、なかったことにするか、警察に届け出てご主人の名誉を傷つけることにするか、ご選択ください」「児童ポルノは罪が重く、警察やマスコミがうるさいので、内々に処分することをおすすめします」

「荷物の利用料金は解約時に精算することになっており、14年分で16万8千円になります。手紙到着から3営業日以内に指定口座に入金してください。入金の確認ができ次第、DVDを処分します。確認がとれなければ、警察に提出します」

引用:ヤフーニュース

 

実際の手紙の画像がこちら。

 

 

本気で胸糞悪いですよね。

 

主人を亡くして傷心の方に対してこの様な内容の手紙を送れる人間の精神構造がどの様になっているのか、疑問です。

 

手紙の内容は、新聞のお悔やみ欄を見て送ったという言葉から始まり、差出人は貸しスペース(レンタル倉庫?)を運営しているという人物。

 

亡くなった夫から荷物を生前から預かっていて、荷物の中身を確認するとアダルトDVDだった。さらに、普通のアダルトDVDではなく、児童ポルノで法に触れるようなものだった。

 

処分するには預けていた期間(14年分)の費用、¥168000を払う必要がある。もしも払わなければ警察に通報する。費用を支払えば内々に処分し、警察には通報しないが3日以内に振り込む必要がある。

 

この様につづられ、楽天銀行の口座が記載されています。さらに、問い合わせ先としてメールアドレスが記載されているが問い合わせには受付対応料として¥35000が必要との事。

 

文章事態が稚拙ですし、一目で怪しいのは一目瞭然ですが、高齢者などだと騙されて料金を振り込んでしまう可能性もありますよね。

 

この手紙、不審な点がいくつもあります。

 

〇自分が何者か名乗っていない(会社名、業種)

〇言葉遣いがおかしい(法人としてはありえない)

〇問い合わせにも費用がかかるw(そんなの聞いたことありますか?w)

〇連絡先(電話番号)が明記されていない

〇14年間も費用が払われていない

 

などなど。

 

手紙の内容やネット情報から犯人の情報をまとめると、

 

〇名前:マツオクニハル

〇住所:北海道常呂群佐呂間町

〇年齢:中高年の可能性が高い

〇銀行口座:楽天銀行 サルサ支店 207 3123391

 

犯人逮捕は間近?

 

この手紙、どうやらツイッターで拡散され犯人逮捕までは秒読みに近いみたいです。早く捕まってほしいですよね。

 

最初にツイッターで拡散されたのが、りょー(@ryoginrock)さんですが、同じ手紙を受け取ったというユーザーも名乗りを上げています。

 

手紙に記載されていたメールアドレスが無線で使われているもののようで、そこから犯人の名前が特定され、どうやら口座の名義が本名である可能性が高い模様です。

 

 

 

 

 

そもそも新聞のお悔やみ欄とは何か?

 

今回のお悔やみ詐欺で利用された新聞のお悔やみ欄とは何かというと、故人の即報や、葬儀や告別式の場所や日程を知らせるために活用されるものです。

 

新聞社にお願いすれば誰でもお悔やみ欄を出すことは出来るみたいで、掲載は無料ですが中には新聞社の判断で掲載されないケースもあるようです。

 

お悔やみ欄は個人情報の宝庫で、

 

〇亡くなられた方の名前

〇死亡年月日

〇死因

〇喪主の情報(名前 住所)

〇通夜、葬儀、告別式の場所や日程

 

などなどが記載されています。

 

今ではスマホで簡単にこの様な情報を送れる時代ですが、スマホに接することのない高齢者からすると、今の時代でもお悔やみ欄は貴重な情報源なのでしょう。

 

お悔やみ詐欺は昔からある詐欺手口?

 

実はこのお悔やみ欄を利用した犯罪は昔からある様で、葬儀や通夜、告別式を狙った空き巣などが行われていたそうです。

 

お悔やみ欄は多くの方に故人の即報を知らせるメリットがあるとともに、犯罪者にとっても犯行を計画し実行するための貴重な情報源になっている訳です。

 

その他の様々な形態でのお悔やみ詐欺もあるようです。

 

(1) 架空請求

 「故人に金を貸していたので、返済してほしい。期限までに振り込みがなければ、あなたを裁判で訴えます」というもの。かなり高額な場合が多い。

(2) 商品の送りつけ

 「故人が注文していた商品を送りますので、代金を支払ってほしい。期限までに振り込みがなければ、あなたを裁判で訴えます」というもの。さほど高額でない数珠などが選ばれ、代金引換郵便で送りつけてくることも多い。

(3) 架空受注

 「香典返しを安い金額で引き受けます。代金は先払いでお願いします」というもの。振り込んでも何もしてもらえず、業者は行方をくらませる。霊園や墓石を手配するといったパターンもある。

(4) 物品の預かり

 今回の手紙のようなもの。覚せい剤など「まさか故人に限って」という物品よりも、「故人ならもしや?」と思わせ、社会に対して恥じらいもある「わいせつDVD」が多い。

 

引用:ヤフーニュース

 

お悔やみ詐欺のターゲットになりやすいのは高齢者?

 

「お悔やみ詐欺」のターゲットになりやすいのはダントツで高齢者でしょう。そもそもスマホ世代の中年以下の年代はお悔やみ欄は使わないでしょうから。

 

亡くなっている方に真偽の確認など出来ませんし、通常であれば今回の手紙の様な怪しさ極まりない手紙に騙されるケースは少ないでしょうが、大切な家族を亡くして気が動転している所に追い打ちの様に詐欺行為を仕掛けるのですから、騙されてしまう事もあるでしょう。

 

香典も入って手元にはお金があるわけですから、犯人にとっては詐欺行為を成功させる要素がふんだんにそろっている訳です。

 

お悔やみ詐欺に騙されない為には

 

お悔やみ詐欺に騙されない為には、そもそもこの様な詐欺手法が横行しているという事実を認識しておくことが重要です。

 

あらかじめ身構えておけば詐欺を仕掛けられても冷静に判断できるでしょう。その上で、一人で判断せずに親族や身内に相談することも大切です。

 

一番いいのは、新聞のお悔やみ欄を使用しない事でしょう。ひと昔前であればともかく、今はお悔やみ欄を使わなくてももっと簡単に情報を伝えられる時代ですから。

 

今回のお悔やみ詐欺事件を受けてのネットの声

 

 

 

 

 

 

などなど、犯行自体が不快であるというのは当たり前のリアクションでしょうが、文章の稚拙さ加減を指摘する声もありました。

 

確かに稚拙というよりも、明らかにバカにしていますよね。楽天銀行も口座を凍結したり警察も動いているようなので、早急に犯人が捕まることを願いたいと思います。

 

まとめ

 

今回は、「お悔やみ詐欺とは何か解説!お悔やみ詐欺の意味とは?犯人はマツオクニハル?」と題しまして、今回の事件の概要を述べるとともに、お悔やみ詐欺とはそもそも何なのかその意味を解説してきました。

 

お悔やみ詐欺は今回に始まったことではありませんが、手紙の内容があまりにも不快かつ稚拙なので、ここまで話題になったのでしょう。

 

とにかく早急に犯人が逮捕されることを祈りたいと思います。

 

-ニュース, 事件

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.