世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

ニュース 事件

新宿の目への行き方は?破損された新宿の目がヤバい!?

投稿日:

 

今回は新宿の目への生き方をまとめてみたいと思います。2019年7月2日新宿の目が破損されて小田急鉄道が被害届を出している事が分かりました。

 

一体誰が何のために破壊したんでしょうね(^^;

 

まあ、酔っぱらって勢いで壊した感もありますが、そもそも新宿の目って何ぞや?って方も沢山いると思います。

 

なので、今回は新宿の目への行き方をまとめるとともに、新宿の目とはそもそも何なのか?誰が作ったのか?についてもまとめていきたいと思います。

 

新宿の目って何?

 

 

新宿の目というのは新宿駅西口の地下広場にある巨大な目のオブジェの事、その大きさは目の高さ3.4メートル、横幅は10メートルとの事なので、かなり巨大です。

 

何やら古代遺跡を思わせるような神秘的な作りで、本当に一つの目があるだけです。かなり目力があってこんな目に見つめられると怖くなりそうですね。

 

目はガラスでできていて、よく見ると部分的に動いています。右側にあるのが眼がしらだと思われることから、新宿の目は右目と考えられている様です。

 

新宿の目の制作者は宮下芳子さんという方で、1969年に宮下さんがパブリックアートとして制作した模様。

 

1969年なので何ともう40年以上も前から存在しているんですね。宮下芳子さんは中国天津の生まれで出身は鹿児島とのことですが、生まれてすぐに鹿児島に引っ越してきたという事でしょうか?

 

1977年より17年間パリに在住していたようですが、現在は日本に住まわれている様です。

 

新宿の目はそもそも撤去される予定だった!?

 

新宿の目はスバルビル解体に伴い撤去の噂がたっていました。スバルビル最後のテナントだったマクドナルドが7月21日をもって閉店します。

 

スバルビル内全てのテナントから認可を得たとのことで、8月1日からスバルビルの解体工事が始まることが分かっていました。

 

しかし、今回の工事は地上部分のみを取り壊す予定とのことで、新宿の目はどうなるの?と言ったことがささやかれていました。

 

作者の宮下さんは作品に対し、ウエブサイトで下記の様に語っていました。

 

「時の流れ、思想の動き、現代のあらゆるものを見つめる“目”二十一世紀に伝える歴史の“目”…もしかすると 遠く宇宙を見っめる“目”かも知れない。このような多次元の“目”こそ新都心のかなめ「スバルビル」には最適、と思った」

 

そして、今回の撤去の可能性を受けて次のように語られています。

 

「発表当時はとにかくみんなに驚かれたものです。当時は10年早いと言われたものですが、いまようやく時代が追いついたような気がしています。日本はパブリック・アートを大事にしない国であり、これは大変恥ずかしいことだと思います。私の命あるかぎり、大事にしてほしいですね」

 

そんな矢先に大変残念な事に今回の破損事件が起きてしまいました。。。

 

新宿の目破損事件

 

 

ニュースサイトからの引用は以下。

 

 東京都のJR新宿駅西口地下広場のランドマークとして知られる「新宿の目」が破損し、所有する小田急電鉄が被害届を提出していたことが1日、分かった。警視庁新宿署が器物損壊容疑で捜査している。

 

同電鉄は6月初旬に警視庁から連絡を受け、破損を把握。目の中央右側に約20センチの傷があり、表面が剥がれていた。現在破損部分は紙で覆われ、同電鉄は修復する方針。

 

つまり、まとめるまでもないですがまとめると、何者かが新宿の目の中央を20センチに渡って剥がす様に破損させ、所有者の小田急鉄道が被害届を出した

 

新宿の目の破損部分は現在紙で覆われていて、修復する方針との事。

 

破損された新宿の目↓

 

 

瞳中央の右下にかけてはぎ取られるように壊されていますね。製作者の宮下さんはこのニュースを知って一体どんな風に思ったのでしょうか。。。

 

新宿の目への生き方は!?

 

では、肝心の新宿の目への生き方をまとめていきたいと思います。新宿の目は、新宿駅にありますので、まずは新宿駅を目指しましょう。

 

新宿駅につきましたら西口から新都心構想ビル街に向かう、地下通路の右側入口の壁に新宿の目はあります。

 

新宿スバマビルの地下一階の角で、三井住友銀行のATMの並びに当たります。

 

待ち合わせ場所として多くの人が新宿の目を指定していたそうですが、デートなんかの待ち合わせに新宿の目なんて、おしゃれでいいですよね。

 

念のため住所を載せておきます→〒160-0023, 1丁目-7-1 西新宿 新宿区 東京都 160-0023

 

まとめ

 

今回は、新宿の目への行き方は?破損された新宿の目がヤバい!?という事で、新宿の目への行き方とともに、新宿の目の歴史や製作者についてもまとめてみました。

 

しかし、誰が何のために破損させたかわかりませんが、早急に犯人が逮捕されることを願うとともに、早く修復されるといいですね。

 

また、出来る事ならスバマビルが解体されたとしても、新宿の目は撤去されずに残ることを祈ります。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

-ニュース, 事件

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.