世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

未分類

潜在意識に働きかける力を劇的に増やす方法とは!?あるポイントを意識するだけで潜在意識への働きかけが劇的に変わる!

更新日:

 

今回は潜在意識への働きかけを劇的に増やす方法を紹介していきたいと思います。せっかく潜在意識活用術を用いて理想の人生を手にしようとしても、潜在意識への働きかけがうまく行かなければ潜在意識を書き換える事は出来ません。

 

実は、あるポイントを意識するだけで潜在意識への働きかけは劇的に上達します。ぜひ参考にして有効活用してみて下さい。

 

脳波を意識する事が第一歩

 

潜在意識活用で重要になってくるのが脳波です。脳波にはさまざまな種類があります、そして脳波によって潜在意識に働きかけがしやすい脳波としにくい脳波があるのです。

 

なので、潜在意識に働き掛けを行う際は、最も働きかけに適した脳波で行う必要があるのです。まず、脳波には大きく分けて4種類あります。

 

〇β波(14~38HZ)

〇α波(8~14HZ)

〇θ波(4~8HZ)

〇δ波(0.5~4HZ)

 

実は、脳波が滑らかになるほど潜在意識に働きかけがしやすいと言われています。なので、β波からδ波に向かうほど働きかけが強まると言えます。

 

β波は活動状態の脳波、α波はリラックス状態の脳波、θ波は寝入りばなの状態の脳波、δ波は熟睡中の脳波です。

 

なので、覚醒状態でδ波の状態になるのは困難と言えます。狙うのは、α波からθ波の間です。意図的にこの脳波に持っていき潜在意識への働きかけを行う事で、最も強く働きかけを行う事が出来ます。

 

「繰り返し」を意識する

 

次に潜在意識への働きかけを強める方法として忘れてはならないのが、「繰り返す」という事です。潜在意識は繰り返される事ほど強く刻まれるという特性があります。

 

なので、アファメーションをやる際もとにかく繰り返ししつこく行っていく事が大切になります。もちろんその際脳波を意識する事を忘れてはいけません。

 

アファメーションに関しては下記記事で詳しく説明していますので、ぜひ参照にしてください→

 

>>アファメーションで潜在意識を思うままに操る方法!アファメーションのやり方を具体的に紹介!

 

時間帯を意識する

 

潜在意識への働きかけを強める上で、時間帯は重要なファクターです。特に意識するべき時間帯は、夜寝る前と、朝起きた直後です。

 

夜寝る前と朝起きた直後は、顕在意識が最も低下している時間帯です。つまり、潜在意識が前面に出ているという事です。

 

先ほどの脳波で言うと、α波やθ波が最も出ている時間帯が朝起きた直後と夜寝る前になります。なので、この時間帯を狙ってアファメーションを行う事で、最も効率よく潜在意識への働きかけが出来ると言えます。

 

特に、朝はアーユルヴェーダでは神の時間と言われています。これは、神と最もコンタクトがとれる時間ととることもできます。

 

神を潜在意識とすると、潜在意識と最もコンタクトが取れやすいとも言えます。アーユルヴェーダ侮るがなかれ。アーユルヴェーダは現代科学のとらえた脳波をすでにとらえていたと言えます。

 

空間を意識する

 

 

潜在意識への働きかけを強めるポイントとして、空間を意識する事も忘れてはいけません。例えば、満員電車の中でアファメーションをやれと言われてうまくできるでしょうか?

 

まず、出来るだけ自分の世界に入ることが出来るように一人きりになる必要があります。自分の部屋が最もいいでしょう。

 

しかし、自然の中もなかなか捨てがたいです。特に森林浴をするとα波が良く出る事実を科学は発見しています。

 

なので、自分の部屋や公園や森林などの自然の中少なくとも静かで一人きりになれる空間を選ぶといいでしょう。

 

五感を意識する

 

また、潜在意識への働きかけを強める上で、五感を意識する事も大切になってきます。分に五感に触れた方が潜在意識への働きかけが強まると言われています。

 

具体的には、アファメーションをやる際は無言で唱えるのではなく声に出して行うといいでしょう。さらに、視覚的にいつでも目に付くようにアファメーションの文言をスマホやパソコンのトップ画面に入れておくこともお勧めです。

 

さらに、香りというファクターもなかなか侮れません。香りは大脳辺縁系にダイレクトに届くと言われています。

 

大脳辺縁系は人間の古い記憶の部分で、理性や知性を超えた部分にあります。懐かしい香りを嗅ぐと、情景とともにリアルにその時が思い出されることはないでしょうか?

 

その体験が大脳辺縁系に基づくものです。お香などを使い、リラックスを深めることで、潜在意識への働きかけは十二分に強まる事でしょう。

 

まとめ

 

今回は、潜在意識に働きかける力を劇的に増やす方法を紹介していきました。もう一度ポイントをまとめると次の通りです。

 

〇脳波を意識する

〇繰り返しを意識する

〇時間帯を意識する

〇空間を意識する

〇五感を意識する

 

今回の記事は以上となります。ぜひ参考にして潜在意識への働きかけを最大限強めて下さい。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-未分類

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.