世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

気になる話題 炎上

立花孝志が崎陽軒の不買運動の理由は何?営業妨害で訴えられる?炎上でネットの声!

投稿日:

 

今回は、「立花孝志が崎陽軒の不買運動の理由は何?営業妨害で訴えられる?炎上でネットの声!」という事で書いていきたいと思います。

 

立花孝志さんが崎陽軒の不買運動を始めたことでネットで炎上状態となっています。不買運動の理由は何だったのでしょうか?また、営業妨害で訴えられることはないのでしょうか?まとめて行きたいと思います。

 

 

立花孝志が崎陽軒の不買運動開始の詳細

 

まずは、NHKから国民を守る党代表の立花孝志さんが崎陽軒の不買運動をはじめられた詳細を書いていきたいと思います。

 

 

こちらの動画を見ていただければ分かります通り、崎陽軒の不買運動を宣言しているとともに、ソニー損保に対しても不買宣言をしています。

 

その原因理由は何だったのでしょうか?

 

立花孝志が崎陽軒不買運動の理由は何?

 

立花孝志さんが崎陽軒不買運動の理由は何かについてですが、事の発端はマツコ・デラックスさんとの確執問題にあります。

 

その詳細は下記の報道に詳細がまとめられています。

 

8月12日、タレントのマツコ・デラックスが毎週月曜日のゲストコメンテーターを務める「5時に夢中!」(TOKYO MX)の生放送中、NHKから国民を守る党(以下、N国党)党首の立花孝志氏がスタジオの外に現れ、マツコを大糾弾したことが波紋を呼んでいる。

事の発端は同番組の7月29日の放送で、マツコが立花氏とN国党について「一体これから何をしてくれるか判断しないと。今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」、さらに参院選で票を伸ばした理由を「ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなあとは思う」、さらには「ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。NHKぶっ壊す教みたいな」などとコメントしたことに始まる。

「これを受け、一部スポーツ紙の取材を受けた立花氏は『マツコをぶっ壊す』と激怒。しかし、8月5日放送の『5時に夢中!』ではこれに触れなかったことから、自身のユーチューブ動画で『逃げるの?かっこわるいね、人の悪口は自由だが一方的にいうならスタジオに呼べば』『(マツコが)NHKやらCMやらでいくらもらってると思ってるんだ』『お前のほうが気持ち悪いよ』『マツコはテレビ局の犬。ワンワンワン』と痛烈にこき下ろしたのです」(テレビウオッチャー)

そして12日、立花氏は呼ばれないなら自分から出向くとばかりに生放送中のスタジオ前に現れ、「公共の電波で投票してくれた人の気持ちを侮辱するのは許されない」と、集まった聴衆に大演説。警察も出動する騒ぎとなったのだ。

「結局、立花氏はマツコと対面ができなかったようですが、番組終了後、マツコについて報道陣に対し、『パニックらしい。番組を降りるそうです。間違いを認めたということ』とし、マツコが次回も出演するようならまた来ると宣言していましたね」(前出・テレビウオッチャー)

“降板”に関して局側は否定しているようだが、ネット上の反響は大きく、電撃訪問の様子を伝えた動画は再生回数23万回を超えている。

「マツコの場合、これまでズバリの物言いで視聴者の人気を集める一方、現場では出演メンバーや雰囲気に合わせた言動を取れるため重宝され続けてきたことから、その発言内容が時に行き過ぎて視聴者の反感を買うことが多々ある。今回の『5時に夢中!』でも同様の事態が起きたと言えますが、立花氏の“犬”指摘は痛いところを突いており、SNS上でも同調する声が広がっています。マツコとしては今後、非常にやりづらい状況になるのでは」(芸能記者)

完全に地雷を踏んでしまったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1962503/

 

つまり、事の発端はマツコ・デラックスさんの発言に起因していたのです。マツコ・デラックスさんは悪気があったかどうかはわかりませんが、NHKから国民を守る党の批判発言をしてしまいます。

 

具体的には、

 

「一体これから何をしてくれるか判断しないと。今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」

「ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなあとは思う」

「ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。NHKぶっ壊す教みたいな」

 

マツコ・デラックスさんもまさかこの発言がここまで波紋を呼ぶとは想像しなかったでしょう。軽い気持ちで発言してしまったのかもしれません。

 

しかし、この発言に大激怒した立花孝志さんが激しく感激にでます。特に生放送中のスタジオにまで乗り込むくらいなので相当のやり様ですね。

 

そして、立花孝志さんの反撃の一つが崎陽軒の不買運動だったのです。なぜ崎陽軒の不買運動がマツコ・デラックスさんへの反撃になるかと言うと、「5時に夢中!」のスポンサーが崎陽軒やソニー損保だったからです。

 

立花孝志さんはマツコ・デラックスさん本人から、番組である「5時に夢中!」、さらにはスポンサーにまで攻撃を広げたのです。

 

そして、マツコ・デラックスさんが降板するまで不買運動はやめないと宣言。ここまで徹底的にやるとはとことんマツコ・デラックスさんを追い込むつもりみたいですね。

 

 

立花孝志さんの崎陽軒不買運動やマツコ・デラックスさん攻撃は知名度アップのパフォーマンス?

 

立花孝志さんの崎陽軒不買運動やマツコ・デラックスさん攻撃は知名度アップのパフォーマンスであるという声もあります。

 

これまでもNHKから国民を守る党の立花孝志さんは知名度アップの手段として敵対相手を徹底的にたたくという手法を取ってきました。

 

その様な敵対相手を徹底的にたたくパフォーマンスをユーチューブで行う事により、知名度をアップさせている訳です。

 

ですので、今回マツコ・デラックスさんを敵対相手とした構図を作る事で、徹底的にたたきパフォーマンスとして知名度を上げる作戦なのではないかと言った見方もあります。

 

マツコ・デラックスさんの様な知名度の高い方と敵対することで、NHKから国民を守る党や立花孝志さん自身も知名度がアップしますからね。

 

もしかしたらですが、立花孝志さんはマツコ・デラックスさんの発言を受けてしめたと思ったかもしれません。

 

しかしながら、スポンサーにまで手を広げて不買運動をするのはお門違いと言うネットの声も多数あり炎上状態に陥っています。

 

崎陽軒から営業妨害で訴えられる?

 

立花孝志さんが崎陽軒の不買運動を宣言したの12日のユーチューブが始まりであり、まだそこまで日が経っていないので崎陽軒側も対応の姿勢を見せていません。

 

しかしながら、この立花孝志さんのユーチューブが崎陽軒やソニー損保の経営にダメージを与える可能性が浮上すれば、崎陽軒やソニー損保が法的な手段に出る事も考えられるでしょう。

 

立花孝志さん崎陽軒の不買運動でネットの声

 

NHKのスクランブル化だけに集中してほしい

 

こういうことするから気持ち悪いって言われるんじゃないかな

 

なんかちょっと違うというか少しモラルに欠けてるような気がするな笑 あと色んな所を敵にしすぎて本人や家族、周りに危険なことがなければええけど。

 

マツコデラックスは嫌いです。気持ちは解るが…これは頂けない…かな~…。かの国と一緒になっちゃ格を下げるよ。

 

NHKに集中しないと支持されなくなるよ!

 

 

まとめ

 

今回は、「立花孝志が崎陽軒の不買運動の理由は何?営業妨害で訴えられる?炎上でネットの声!」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

-気になる話題, 炎上

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.