世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

ニュース

藤岡成友の顔画像に経歴にプロフィールに家族は?フコイダンで癌が治ると嘘で逮捕!!

投稿日:

 

今回は、「藤岡成友の顔画像に経歴にプロフィールに家族は?フコイダンで癌が治ると嘘で逮捕!!」という事で書いていきたいと思います。

 

フコイダンで癌が治ると宣伝して商品の販売を行っていた、健康食品販売会社のシンゲンメディカルの社長らが医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕されました。

 

シンゲンメディカルの社長が藤岡成友です。藤岡成友の顔画像に経歴、プロフィール、家族などに迫ってみたいと思います。

 

 

フコイダンで癌が治ると宣伝してシンゲンメディカルの社長が藤岡成友らが逮捕のニュース

 

フコイダンで癌が治ると宣伝してシンゲンメディカルの社長が藤岡成友らが逮捕されたニュースの詳細から見ていきたいと思います。

 

「がん細胞が自滅する」などと、医薬品のような効能を宣伝し、がん患者などに健康食品を販売したとして、警察は販売会社の社長ら4人を逮捕し同様の製品も含めて3年間に28億円余りを売り上げていたとみて調べています。警察によりますと4人はいずれも容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは東京 中央区の健康食品販売会社「シンゲンメディカル」の社長藤岡成友容疑者(46)や専務の関本勝治容疑者(47)ら4人です。

警察によりますと、4人は健康食品をホームページで「がん細胞が自滅する」などと宣伝し、ことし5月以降大阪に住むがん患者など3人に医薬品のように装って販売したとして、医薬品医療機器法違反の疑いが持たれています。

これまでの調べで「シンゲンメディカル」は「フコイダン」と呼ばれる成分が含まれた原価が1箱およそ3000円の製品を5万円を超す値段で販売していましたが、がんに効く医薬品として承認はされていませんでした。

会社は、がんへの効能を宣伝した同様の製品も含めて全国のがん患者などおよそ1万人に販売し28億7000万円ほどを売り上げていたとみられるということで、警察が販売の実態を詳しく調べています。

調べに対し、4人はいずれも「医薬品のように販売はしていない」などと容疑を否認しているということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190807/k10012025671000.html

 

藤岡成友らは、原価¥3000のフコイダンと呼ばれる成分を含む製品を¥5000程で販売していたとの事です。

 

もしもこれが事実であればかなり悪徳と言えますね。特に癌で余命すら宣告されている様な人であれば、フコイダンで癌が自滅すると聞けば、藁にもすがる気持ちで、購入してしまうかもしれません。

 

数パーセントの確率だったとしても癌に効果があるのであればという気持ちにもなるでしょう。がん患者本人はもちろん、家族の方も、お金がなくても本当に良くなる可能性があるならと、それにかける気持ちで製品を購入してしまうかもしれません。

 

まさに、その様ながん患者や家族の気持ちを逆手にとった手法と言え、かなりの悪徳と言えると思います。

 

警察の調べに対し、藤岡成友らは「医薬品の様には販売していない」と容疑を否認している様ですが、裏を返せば、それに近い手法で販売したと言っているようなものでしょう。

 

では、藤岡成友の顔画像やプロフィールに経歴、家族などなどに迫ってまいりたいと思います。

 

 

藤岡成友の顔画像に経歴にプロフィールに家族は?

 

 

名前:藤岡成友

生年月日:1973年生まれ(誕生日不明)

出身:大阪府

 

1973年生まれ。大阪府出身。中学時代から音楽に没頭し20代はプロミュージシャンとして活動。その一環としてプロモーションビデオやWebサイト制作も手掛けながらWebのスキルを身に着ける。2003年、大阪にて健康食品のEC事業を開始。2005年には法人化し代表取締役に就任し、成分の基礎研究から製造販売までワンストップで手掛ける現在のビジネスモデルを確立した。2012年、シンゲンメディカル株式会社へと社名を変更し現在に至る。

https://www.green-japan.com/interview/4090

 

なお、藤岡成友の家族に関しましてはネット上で情報を見つけることが出来ませんでした。引き続き調査してまいりたいと思います。

 

しかし、いかに逮捕された人間の家族だからと言って、何の罪もない家族に焦点を当てるのはやめておきましょう。

 

家族構成などが判明しましたら、家族構成のみ追記していきたいと思います。

 

シンゲンメディカルには行政指導や苦情が相次いでいた?

 

どうやら以前よりシンゲンメディカルの商品は、「がんが治る」とのうたい文句で販売されていたらしく、大阪府からの行政指導が3回入っていた様です。

 

さらに、大阪府には商品を購入した消費者からの苦情も21件入っていたとの事です。なぜその時点で改めなかったのか不明ですが、まさか逮捕される事はないとでも思っていたのでしょうか?

 

それとも、売り上げを重視するあまり誇大広告や嘘の広告をやめることが出来なかったのでしょうか?

 

シンゲンメディカルは、フコイダンという成分を含んだ健康食品を「補完医療サプリメント」と称してインターネットなどで広く販売していました。

フコイダンはわかめなどの海藻の「ぬめり」から抽出されますが、厚生労働省によりますと問題となった製品はがんに効く医薬品としては承認されておらず、効果があると宣伝することはできないということです。

しかし警察によりますとシンゲンメディカルは、ホームページで効能として「がん細胞が自滅する」と宣伝していたということで、これまでにも効能や効果の表示について大阪市による行政指導が3件行われていたということです。

さらに大阪市には商品を購入した客からの苦情も21件寄せられていたということです。

ことし5月に警察の捜索を受けたあと宣伝の表現は変更されましたが警察は、これまでがんに効くように宣伝し、患者に製品を販売していた実態が法律に違反するとして7日、社長らを逮捕しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190807/k10012025671000.html

 

ネットの声

 

 

まとめ

 

今回は、「藤岡成友の顔画像に経歴にプロフィールに家族は?フコイダンで癌が治ると嘘で逮捕!!」という事で書いていきました。

 

藤岡成友ら逮捕された方々は、容疑を否認している様ですが、その内容とは「医薬品の様には販売していない」というもの。

 

裏を返せば、別のうたい文句で癌患者に売る様な宣伝文句は使っていたと供述している様なものですね。詐欺まがいの商品をがん患者の藁にもすがる気持ちを利用して高額販売して設けていた手口は許しがたいですね。

 

きちんとした罪に処して欲しいと思います。最後までお読みくださりありがとうございました。

 

-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.