世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

ニュース

那須ハイランドパークのノボランマで転落事故はどんな遊具?画像+動画あり!

更新日:

 

今回は、「那須ハイランドパークのノボランマで転落事故はどんな遊具?画像+動画あり!転落事故!」という事で書いていきたいと思います。

 

那須ハイランドパークのノボランマという遊具で転落事故があり、男性が意識不明の重体となっています。

 

那須ハイランドパークのノボランマは一体どんな遊具でしょうか?詳しく見ていきたいと思います。

 

 

那須ハイランドパークのノボランマで転落事故

 

那須ハイランドパークのノボランマで転落事故のニュース詳細から書いていきたいと思います。

 

栃木県の「那須ハイランドパーク」で5日、ボルダリングをしていた51歳の男性が5メートルの高さから転落し、意識不明の重体となっている。

5日昼ごろ、「那須ハイランドパーク」のアトラクション「ノボランマ」で、ボルダリングをしていた51歳の男性が転落した。

男性は、頭を強く打ち、意識不明の重体となっている。

「ノボランマ」は、ボルダリングなどを楽しめる屋内アトラクションで、男性が落ちたのは、鉄塔からサンドバッグに飛びつくアトラクションだった。

本来、天井に固定された安全器具をつけて利用することになっているが、落ちた男性には、安全器具が着いていなかったという。

警察で、事故原因を調べている。

 

那須ハイランドパークのノボランマという遊具はボルダリングの遊具との事です。本来は、安全危惧を付けて遊具を楽しむとの事ですが、落下した男性は安全危惧を付けていなかったとの事。

 

一体どういいう状況だったのか気になりますね。

 

最新のニュースでノボランマでの転落事故の原因理由は、従業員の命綱の付け忘れらしいことが判明しています。詳しくは下記の記事を参照ください→

 

>>ノボランマ転落事故の原因理由は従業員の命綱付け忘れ!?担当従業員や責任や誰や損害賠償今後の安全対策は?

 

那須ハイランドパークのノボランマはどういう遊具?

 

 

では、那須ハイランドパークのノボランマがどんな遊具か見ていきたいと思います。ノボランマの動画がこちら。

 

 

こちらの動画を見ていただければ分かる通り、安全危惧は必須のアトラクションです。安全危惧が落下した男性にはついていなかったというのが不思議ですね。

 

男性がいかに安全危惧の着用を拒んだところで、スタッフがそれを許可するはずはないでしょう。まさかスタッフの目を盗んで安全危惧無しで登っていたとは考えられません。

 

詳しい状況は現在警察が調べているとの事なので、警察の発表を待ちましょう。

 

ホテルから車で約25分、
「那須ハイランドパーク」さんでは
3/21より新アトラクションが登場します!!

その名も・・・
【NOBORUNGMA(ノボランマ)】★
こちらは日本初となる「ボルダリングゾーン」と
「エクストリームラン」の
複合屋内アトラクションです♪

①『デジタルボルダリング』
新時代のボルダリングで、クライマーの
動きをセンサーすることで
2人同時プレイの対戦や
ボルダリング版もぐらたたきなど
5つのゲームが楽しめます♪

②『クリッピンクライム』
高さ約9mオーソドックスなボルダリングウォールや、
ボールをくみ上げた壁など
6種類のアトラクションに挑戦!

③『エクストリームラン』
大きなものでは高さ5m、
長さ11mのアスレチック8種類に挑戦
障害物をよじ登ったり、穴をくぐったり、
大人からお子様から愉しめる
アトラクション!!

本当にどれも
わくわくがとまらないくらい
楽しいです(^o^)!!!

春のおでかけや
卒業旅行に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?!

https://www.jalan.net/yad339312/blog/entry0004595534.html

 

那須ハイランドパークのノボランマの口コミ

 

クライミングエリアはオートビレイ機があり、開始前に安全帯をつけた上で、登る際スタッフがワイヤーをつけてくれるので安心!ウインク
未就学児の子どもが8m近く登って、一人で飛び降りできるか?だけが心配ですが(いわゆる「木の上の子猫状態(登って降りれなくなる)」)
それ以外は非常に楽しめるアトラクションだと思います。
れいにーもこのクライミング壁や球体を登ってみましたが、やっぱり5mを超えてくるとちょっと怖いですね…ガーンガーンガーン
オートビレイで転落しないとはいえ、これは本能的な恐怖(生存本能?)になるので仕方がない。
4か月ぶりのボルダリング(クライミング)でしたが、体が硬くなってるのを除けば(笑)、なかなか楽しめました。
ただ、降りる際は(初ビレイなので)やっぱり怖かったです。
上の子と2人で行きましたが、上の子はビレイが怖いのかクライミングやってもあまり高くは登らず、割とボルダリング+デジタルばかり遊んでいました。
こちらは、「隕石から地球を守れゲーム」「コウモリ叩きゲーム」「2人でピンポンゲーム」「指示されたホールドだけを使って登れゲーム」等
いろいろありましたが、難易度が意外と高くてあまり素直に楽しめずえーん
上の子はコウモリ叩きゲームが楽しかったのか結構そればかりやってました;パパはそれを横目で見ながらたまに手伝い、たまにクライミング。
あと写真にはありませんが、普通のスリルに飽きた人は、「高さ8mくらいから、同じ高さに吊るされているサンドバッグに飛びつく」という
ダイハード顔負けのアクションまでできてしまうというから、那須ハイランドパークに行くならぜひ一度体験してみたら良いと思います。
腕立て伏せ5回もできない、れいにーみたいな中年太りのおじさんおばさんでも意外と登れますから!

 

 

 

那須ハイランドパークノボランマで転落事故ネットの声

 

 

まとめ

 

今回は、「那須ハイランドパークのノボランマで転落事故はどんな遊具?画像+動画あり!転落事故!」という事で書いていきました。

 

なぜ安全危惧を付けていなかったのか、かなり謎が残りますが、報道を待ちたいと思います。最後までお読みくださいましてありがとうございました。

 

-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.