世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

スポーツ ニュース 炎上

張本勲、佐々木朗希の起用問題で炎上の経緯!老害の声多数の理由は何でなぜ?

投稿日:

 

今回は、「張本勲、佐々木朗希の起用問題で炎上の経緯!老害の声多数の理由は何でなぜ?」という事で書いていきたいと思います。

 

張本勲さんが、佐々木朗希の起用問題に関して、サンデーモーニングに生出演して見解を示されました。

 

その張本勲さんの見解にネット上からは批判が殺到し、炎上に発展しているのでした。その経緯と、張本勲さんが老害である理由は何でなぜという部分を書いていきたいと思います。

 

 

張本勲、佐々木朗希の起用問題で見解の詳細

 

まずは、張本勲さんが、佐々木朗希の起用問題に関して、サンデーモーニングに生出演して見解を示されたその詳細から書いていきたいと思います。

 

野球評論家の張本勲氏が28日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。25日の全国高校野球選手権岩手大会決勝で、大船渡の国保陽平監督(32)が163キロ右腕・佐々木朗希(3年)を起用せずに敗れたことに見解を示した。

張本氏は「最近のスポーツ界で、私はこれが残念だと思っています」とした上で「32歳の監督で若いから非常に苦労したと思いますが、絶対に投げさすべきなんです」と断言した。

さらに「前の日に129球投げていますが、予選で4回しか投げていないんです。合計で450球ぐらいしか投げていないんです。昨年、吉田輝星が800球ぐらい投げているんです。これぐらいの選手でものすごい素質があります。

ダメになった選手はいくらでもいるんだから。監督と佐々木君のチームじゃないんです。ナインはどうしますの?一緒に戦っているナインは。1年生から3年生まで必死で練習して、甲子園は夢なんです」と訴えた。

さらに「私らの時代は、夢が欲しくて路地で泣いたことあるんです。出たい出たいって。2年生1年生も見てるんだから。先発させて、ナインに早く点取ってやれよと。

そしたら代えてやることもできるんだからということもできるから、これは間違いだと思います」と断じた。

監督は、起用した場合、ケガをする不安を考えたが「壊れるとかケガを怖がったら、スポーツ辞めた方がいい。みんな宿命なんだからスポーツ選手は」とし、国保監督は「彼はアメリカの独立リーグにいたんです。

アメリカ流に考えている。アメリカは消耗品だと考えているんです。東洋人は、投げて投げて力をつける。タイプが全然違う」と持論を展開していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000065-sph-base

 

張本勲の見解をまとめると、次の様になります。

 

〇佐々木は決勝で絶対に投げさせるべきだった

〇一人の選手よりもナインが大事

〇壊れるとか怪我を怖がったらスポーツはやめた方が良い

〇アメリカは投手を消耗品とみるが日本は投させて力をつけさせる

 

張本勲さんの佐々木朗希の起用問題に対するこれらの発言から、ネット上では批判が殺到し、老害と言われてしまうのでした。

 

張本勲さんの佐々木朗希の起用問題の見解炎上の声、老害の声

 

 

張本勲の佐々木起用見解が炎上老害の理由は何でなぜ?

 

張本勲の佐々木起用見解が炎上老害の理由は何でなぜなのでしょうか?詳しく分析していきたいと思います。

 

根性論を語っている

 

 

張本勲さんの佐々木起用見解が炎上老害の理由の一つ目は根性論を語っている点でしょう。張本勲さんの時代では根性論は当然だったのかもしれませんが、今は時代が完全に違います。

 

根性論で選手を潰すのではなく、選手を育てるために怪我を防いで将来有望な選手になるために、スポーツ科学的に指導する時代なのです。

 

時代錯誤

 

張本勲さんの佐々木起用見解が炎上老害の理由の2つ目は、時代錯誤です。これが老害と言われて炎上してしまう一番の原因でしょう。

 

張本勲さんと今のネット世代の若者の間には多大なる時代の隔たりがあり、住んでる世界が違うとすらいえるでしょう。

 

張本勲さんはコメンテイター解説者という立場にありながら、いまの時代の価値観に全く合わせようとしていません。

 

自分が育った価値観でのみモノを言っています。それがあまりにも今のネット世代の若者たちの価値観とかけ離れているために、老害と言われ炎上を引き起こすのでしょう。

 

佐々木朗希選手の選手生命無視

 

張本勲さんの佐々木起用見解が炎上老害の理由の3つ目は、これも大きいでしょうが、佐々木朗希選手の選手生命無視発言です。

 

後に詳しく述べますが、監督は悩みに悩み、佐々木朗希選手の起用を打ち止めにしています。恐らくそんなことはツユ知らずの張本勲さんが、ガン無視で持論を並べたから批判が殺到、老害炎上したのでしょう。

 

大船渡高校監督は悩みに悩んで選手起用を考えている

 

ちなみにですが、大船渡高校監督は悩みに悩んで選手起用を考えています。ただ単に佐々木朗希投手連投だと肩壊したらまずいな程度ではないのです。

 

インタビューでは次のように語っています。

 

夏の大会本番が始まる前、「これがよかったと思える大会にしたい。佐々木中心になるかもしれないし、他の子も一生懸命やっているし、投げられれば、行きたいし……。(起用は)当日の朝まで悩むと思う」とコメントしていました。

 

恐らく決勝でも悩みに悩んでの決断だったのでしょう。そして、佐々木朗希投手を起用せずとも勝ちに行った。

 

そして、残念ながら破れてしまった。こういう事だったのです。

 

しかし、その様な事もわからない張本勲さんレベルの人間が多数いると見えて、佐々木朗希投手しなかった大船渡高校には苦情の電話が殺到し、警察沙汰まで発展するのでした。

 

詳しくは下記の記事を参照ください→

 

>>大船渡高校にクレームは誰で理由は何?警察沙汰まで発展した酷すぎるクレーマーとは

 

しかしながら、佐々木朗希投手を起用しなかった監督にはネット上では絶賛の声も集まっています。

 

 

まとめ

 

今回は、「張本勲、佐々木朗希の起用問題で炎上の経緯!老害の声多数の理由は何でなぜ?」という事で書いていきました。

 

張本勲さんがあまりにも時代錯誤で根性論をぶちまけるので、ネット上からは老害の声が多数上がり炎上したのでした。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

-スポーツ, ニュース, 炎上

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.